スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森道市場2012 Artist ①

bonobos(ボノボ)

bnb.jpg

2001年結成、2003年「もうじき冬が来る」でメジャー・デビュー。レゲェ/ダブ、ドラムンベース、エレクトロニカ、サンバにカリプソと、様々なリズムを呑み込みながらフォークへ向かう、天下無双のハイブリッド未来音楽集団。ROCK IN JAPAN、FUJI ROCK FES、RISING SUN ROCK FESなど、毎年数多くの野外フェスに出演し、ライブバンドとしても確固たる地位を築いている。他アーティストへの楽曲提供、演奏サポートなど、それぞれのソロ活動も精力的に行われ、2010年にはvo.蔡、dr.辻ともにソロアルバムも制作/発表している。
2011年8月には日比谷野外大音楽堂にてバンド結成10周年を盛大に祝い、9月には9th Single「Go Symphony!」、12月には5th Album「ULTRA」をリリース!!

公式ホームページはコチラ

動画はコチラ




ヒカシュー

ヒカシュー


ヒカシュー:巻上公一(ボーカル、コルネット、テルミン)、三田超人(ギター)、坂出雅海(ベース)、清水一登(ピアノ、シンセサイザー、バスクラリネット)、佐藤正治(ドラムス、パーカッション)
1978年結成されたノンジャンル音楽ユニット。デビュー当時はニューウェイヴ/テクノポップ・バンドの牽引者として一躍その名を知られたが、その後、優れた即興性と独特な世界観を持つ楽曲が融合する唯一無二のロックバンドとして広く認知されていった。常にアート表現の新領域に挑み続け、今年4月に発売された15枚目のアルバム『うらごえ』は束芋とのコラボレーションが大反響を呼び、一昨年に続き今年のフジロックフェスティバルにも出演。過去の作品も次々リイシューされるなど、若者にも熱烈にフォローされている。

公式ホームページはコチラ

動画はコチラ




HARCO

HARCO.jpg


青木慶則のソロ 変名ユニット。シンガーソングライターでありながら、キー
ボー ド・ドラム・マリンバほか多くの楽器が演奏できるマルチプレーヤーでも
ある。CMやTV番組の音楽、ナレーションで も注目を集める。個人のライフワークとして興味のある“エコロジー”をテーマにしたユニットHARQUA(ハルカ)、GOING UNDER GROUNDのライブでのキーボード参加など、活動は多岐にわたる。2012年はHARCO生誕15周年となり、年明け からワンマンライブツアー、イベント「HARCOの春フェス」を開催するなど精力的に 活動中。その「HARCOの春フェス」を盛り上げるコラボユニットとして、HARCO+カジヒデキ+河野丈洋(GOINGUNDER GROUND)名義で、3人 が各々作詞・作曲・演奏を担当した配信限定のシングル「ハルフェス・トライアングル」を4月11日にリリース。

公式ホームページはコチラ

動画はコチラ




GAGLE

gagle2.jpg


DJ MITSU THE BEATS, HUNGER, DJ Mu-Rの3人からなるHIP HOPアーティスト。JAZZY SPORT所属。仙台在住。1996年に結成。2001年「BUST THE FACTS」でデビュー。その1年後、日本のHIP HOP CLASSICSの1つと名高い名曲『雪の革命』収録した1st Album「3 MEN ON WAX」をリリース。以来約10年で4枚のアルバムをリリースをしている。時代とリンクしながらも譲らない曲制作と評価が高いライブパフォーマンスを武器に着実にファンを獲得している。2011年、デビューから10周年を迎える彼らは5枚目のアルバム制作に着手。今秋リリース予定。3月11日の東日本大震災を受けて急遽チャリティーソング「うぶこえ」を4月29日に配信リリース。仙台で被災した彼らの目線で綴ったメッセージに、注目が集まっている。また、7/4にはヘネシーアーティストリーセッションより派生したGAGLE×Ovall名義でのアルバムリリースも控えている。

公式ホームページはコチラ

動画はコチラ
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。